思考

不要な情報はもういらない!Evernoteを徹底的に制限して活用する方法

お疲れさまです。

あきとよです。(@life_3_sikou

Evernoteに最初に登録したのは2013年1月17日でした。

最初はわけもわからずに使用していました。

そして、年々、知識が増えてきて頃には色々な情報を入れていました。

しかし、第2の脳とまで言われたEvernoteも近年は様々なメモアプリの登場であまり活用例についても目にしなくなりました。

かれこれ8年ほど有料会員ではあったのですが、そんな私も有料会員をやめた時期もありました。

様々な情報が蓄積されているのは良いことですが。

いらないものまでも入れておくのはどうかと。

ましてや、わざわざ検索機能を使うために有料会員になっているのですから活用しないのは勿体なわけです。

8年間もEvernoteを使い続けて辿りついた活用法について

結論として、制限するという使い方です。

こんな感じで、ライフハッカー[日本版]の記事しか入れておりません。

ライフハッカー[日本版]の記事を毎日、直感で選んだ記事をただひたすらDayOneを経由してEvernoteへ入れています。

この習慣はもうかれこれ5年も続いているので今さらヤメる方が難しいです。

そんなわけでせっかくなので実験をしようと思ってnoteを書きました。

 

 約5年ものあいだライフッカー[日本版]をほぼ毎日見出しを直感で選びEvernoteを保存し続けて約1800日分を集めた記事を題材にその日の気分で選んだ言葉でランダムで検索し自分のなかで生まれてきた言葉をアウトプットすることでどのような文章が生まれるのか?を実践するとい内容です。

1800件という制限かつ1つのWEBサイトより情報を収集して自分の体験談を書く。

というより、もう頭のなかで思っていることを吐き出すという作業をしてみよう。

まず何を書きたいかを頭のなかで思い浮かべて。

自らの専用のEvernoteで検索をします。

そして、検索結果を眺めてまず10分間でインプットします。

そして、15分間でアウトプットをします。

アウトプットの方法はノンストップライティングでとにかく書きまくります。思考の流れを止めずに書き続けます。

これを100回繰り返します。

というような企画を思いつきました。

仮説として0秒思考と類似した方法のためアウトプットする力が養えるのでは?

なぜ、こんな企画を考えたかというと。

以前、0秒思考を行っていた時期がありました。

大した量ではないのですが。(※下に当時の写真を添付します)

辞めてしまった理由が悩みのタイトルがほぼ一緒だったことです。

あとはある程度たまった後に整理していて思ったのは早く書かなきゃと字が汚くてそれで萎えてしまったのです。

なので、今回はデジタルで挑戦しようということで。

せっかく1800記事も集まったのでこれまで得た知識とかもきっとアウトプットできるだろうとそう考えたわけです。

あとは見出しを直感で選んでいるので自分の感性とかアンテナ(関心のあること)は充分に詰まっているはずです。

この5年間で色々と情報を収集した集大成でもありますし。

新たな発見や自分のなかでまだ気づいていないことが誘発されること期待しています。

直感や感性など混じりっけなしなのでこれまでのインプットを吐き出させるためのツールという定義ですね。

制限された状態で試しに「アウトプット」で検索してみると?

試しに「アウトプット」と検索したらこのように72件ヒットするようになると。

結構、書評の記事は好きで惹かれていたので多いです。

古い情報もありますが、それらも含めて対比したり懐かしさだったり情報を収集するという点の資料としては面白いかなっと思っています。

あとは時事ネタの情報なんかや、ちょっとした記事なんかも入れていたのですが検索の時に混じってくるのが個人的に好みではなかったりします。

以前、使っていたときはそれぞれ分類で分けてはいたのですが。

やはり、検索をするに特化した場合に一貫性がある方が精査はしやすいということも理由の一つですね。

総括(一貫性のある記事による自分専用検索データベース)

もともと、ブログの記事を書くためにネタをして保存を始めたのですが、資料としてももちろん使えるのですが。

自分が直感や関心のあるものだけを厳選している。かつ、1つのサイトからしか抽出していないという点に自分専用の検索データベースがある。

仮に情報が古くなっていたとしても過去の自分が何に興味を示していたのかというログとしても使えます。

可能性の幅は自分で定義することで広がります。

今回は制限された情報を入れておく活用法の紹介でした。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

もし、まだお時間が許すようであれば他の記事も読んでいってくださいね!

あきとよでした。(@life_3_sikou

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA