思考

【ブログ論】ブログの更新ができず苦しんだ私の失敗談3つ【体験談】

あきとよ
あきとよ
お疲れさまです。
あきとよです。(@life_3_sikou
本日も一緒に考えていきましょう!

今回の問題提起はこちらです。

悩んでいる人
悩んでいる人

ブログを書きたいという気持ちがあるけれど書けいない続かない。

私もブログを書くのは非常に辛いことがあります。

本職の傍ら、仕事を終えて書こうという気にはなかなかならないです。

でも、もし、仮に今すぐ仕事を辞めてブログで食べていけるかというとそれも無理です。

ブログをやってみてわかったことは自由だしリスクが少ない代わりにやるべきことが多いです。

何もかもを自分でやらねければならないのですが、これを短時間でやろうとすると無理です。

仮に休日に時間があったとしても1日でやれることは少ししかありません。

ということで、まずは書くたの方法についての結論について考えてみます。

まず前提条件として辛くても記事を書くことです。

そして考えるべきは以下の3つです。

  • なぜブログを運営するのかの目的を明確化にする。
  • 毎日少しずつで良いので何か更新する。
  • 記事を書くことが優先で後で全体を構築をしていく。

ここからは私がブログを書けず継続できなかった失敗談にいて書いてきます。

失敗談①ブログを放置して実質3年間もインプットだけしていた

私がブログを始めたのは2019年3月23日でした。

最初に書いた記事は小学生の頃にハマった「たけしの挑戦状」の記事でした。

サラリーマンを20年続けたからこそ理解できた『たけしの挑戦状』の教えてくれた大切なこと 今回は”ファミコン”について書きます。 今までの僕はゲームをなんとなく遊んでいただけだったのですが歳を重ねていくう...

初回の記事を書くのに8時間もかかりました。

その後、何件か続けて書いていたのですが2019年5月に書くことに挫折してブログを書くのをヤメて2年間も放置します。

その後、約2年ものあいだブログ論を勉強することになります。

これは完全に失敗でした。

そのあいだにもサーバー代は支払っています。

自分の精神についてはコンコルドの誤謬という行動経済学のバイアスにも似た現象が起きています。

どのような状態かというとお金と時間をかけているしここまで頑張って(URLも取得したし、面倒な手続きもしたし、WordPressの設定もした) のでブログを消すのはもったいないという心境です。

現在はWordPressをインストールしてすぐに始められるプランもあるのでハードルは下がりつつあるのかなっと思います。

私が始めた頃はブログを始めるのに”はてなブログかWordPressか”の2択であるという記事を検索して私は実は前者を選んでいました。

実のところ、はてなブログでも有料期間で1年間を放置しています。(料金は2年分支払っていますが1年分は損切りしてWordPressに移行)

結論、ブログ論をいくら勉強したところで記事を書かなければ意味がないです。

これは3年間も放置しているので至極あたりまえの話なのですが、記事はとにかく書き始めるしかいないです。

今もこうして書いていますが、書いている最中にも不安ではありますが、それでも書くしかないです。

書けば記事は積み上がりますので少しずつ更新を重ねるしかないです。

失敗談②目的がなく収益化ばかりのことを考えていてネタに困っていた

収益化することばかり考えて自分の熱量をブログに注ぎ込めずにネタを考えては「これじゃダメだぁ」と思考が反芻していました。

しかし、少しずつ記事を書き始めました。

自分が今どの位置にいるのかを試すために”Google AdSense”に10記事を書いた時点で試しに申請を出してみたのですが1発で合格しました。

一応、コンセプトについてはざっくり言うと「思考・試行・嗜好」という「3つしこう」から自分の体験談を書いたりしています。

コンセプトについてはこちら

やっと最近、自分がブログで何をすべきのかについて気づけました。

気づいたきっかけはこちらのツイートです。

何に気づいたかについてはブログを運営する目的を明確にすることです。

私はGoogleAdSenseで収益化につながる権利を得たときにこれは、「これから儲けるぞぉ!」というようなことではなく、これはマインドセットとして受け止めようと考えました。

どういうことかというとGoogle様が私のブログを価値のあるものであると認めてくれたのだから私も価値もあるものを生み出さなければならないと考えたわけです。

儲けることを考えるのであればブログは非常に果てしなく長い道のりを進まなければなりません。

私のブログを通じて一体私は誰の役に立つのだろうか?

ブログを運営する方であればよく耳にするペルソナですね。

私はペルソナを無視して自分のスキルや体験だけを書こうとしていました。

また、「収益化」という言葉に漠然と惑わされてクオリティーすらも無視していました。

まずブログの書く目的を明確にした上で価値を生み出すことを最優先として考え収益化は後回しであると考えました。

まずは、記事を書いて自分の気持ちを少しずつ吐き出して、後に記事を書く時間を捻出するためにどうやって早く記事を書けるか?という仕組みだったり、それでも書けない場合の継続するための方法を考えるべきだったのです。

結局は記事を書かなければこのブログそのものもユーザー様からは見つけてもらうことすらありません。

とは言っても、私も正直なところお金はほしいです。

けれど、お金を得るということは価値を生み出すことであり、費やした時間や労力は関係ないということです。

例えば「10,000時間をかけて日記を更新しました!」と言ったところでその労力に対してお金を払ってくれる人はいません。

もし、これがブログを書くための会社ならば8時間のあいだに何記事を書いたという結果を出せばPV数に関わらず決められた日に給料としてお金が入ってくると思うのですが。

そのマインドでブログを運営すると確実に疲弊します。(私がそういうサラリーマン思考だったので)

ブログを書いてブランド化してくのは紛れもない自分なわけです。

だからこそ、やることが多いのです。

すべてを自分で行わなければなりません。

つまり、会社を運営しているのと同じもしくはそれ以上の熱量で立ち向かわないとお金だけを求めても良いものはできません。

これはもう記事を書いて少しずつでも良いのでブログをよくしていこう。

もっと見てもらえるため、読んでくれる人が喜ぶにはどうしたら良いか?これをく繰り返すしかありません。

失敗談③失った時間は戻ってこないので記事を書くべきだった

どんな形でも良いので記事を書いておくべきでした。

3年という月日は戻りません。

習慣の偉大さについてはよく理解しています。

過去の私の習慣記録です。

ライフログ(運動・読書など)で約480日(記事執筆時)

ライフログを習慣化して更に最適化をする方法について解説します 習慣がなかなか続かないものですよね。 僕もこんなことで悩んでいました。 ...

ライフハッカー[日本版]の記事を1800日分Evernoteへ保存(記事執筆時)

不要な情報はもういらない!Evernoteを徹底的に制限して活用する方法 お疲れさまです。 あきとよです。(@life_3_sikou) Evernoteに最初に登録したのは2013年1...

習慣について積み上げることの重要性についてはよく理解していますし痛感しています。

習慣というのは本当に小さな積み重ねでしかありません。

しかし、それは年数が経てば徐々に形成されていきます。

この他に運動習慣や読書習慣などもありますが人格が確実に形成されていくのは間違いありません。

ブログもまさに同じです。

ブログを書けなかった理由の一つとして書くことに恐れを感じているというのもありました。

自分の書いた記事をあとで読み返したら「なんか、これ嫌だなぁ。なんでこんなことを書いたのか」

そういったことを思うことが多かったのですが。

結論として、書かないよりマシです。

人は成長します。

文章を書けば書くほど成長します。

実を言うと、ライフログを残しているあいだに文章は書いていました。

ただ、自分の気持ちを書いているだけの文章でしたので人に見せるような文章ではありませんでした。

しかし、自分の頭のなかにあることを文章にするというスキルは身についていました。

文章を書くというスキルと頭のなかを整理するのはまた別なスキルだと私は思っています。

私自身、今もまだ頭のなかが整理できていません。

このブログのコンセプト一つにしてもプロフィールにしても常に書いては更新してを繰り返しています。

しかしながら、コンセプトもプロフィールも更新して思ったことは記事を書いてアウトプットをしないことには自分からは何も生まれてこないということです。

総括 (自分を信じて記事を書き続ける)

結論、ブログは書き続けるしかないです。

とにかく記事を書いて少しずつ更新を重ねることです。

よく、「まず、100記事を書こう」というブログ論がありますが。

それは、間違いはないです。

ただ、100記事ってかなりしんどいです。

特に本職をされている方のであればこれはかなり難易度は高いです。

それでも、私のように3年も放置するようなことをするくらいなら3年で100記事を残すつもりでも良いです。

なんせ、3年間で残った記事は私は2記事でしたから。

今から積み上げていけば必ず振り返るときにそれは大きな成長とともに自分に力を与えてくれます。

習慣とはそれだけのちからを持っています。

どうか、これを読んでくださる方が私のように失敗しないように行動することを強くオススメします。

あきとよ
あきとよ
おつかれさまでした!最後まで読んでいただきありがとうございます!
記事を読んで「役に立ったよ!」という方はシェアしてもらえると嬉しいです!あきとよ(@life_3_sikou) でした!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA