ブログ論

【体験談】迷走している状態からモチベーション高める方法について【ブログ論】

悩んでいる人
悩んでいる人
自分が進んでいる方向は本当に正しいのだろうか?

迷走し現状が虚しくなり、モチベーションが低下している。

あきとよ
あきとよ
おつかれさまです! あきとよ(@life_3_sikou)です。本日もいっしょに考えていきましょう!

まずは結論として。まさに私が今まさにその状況下にいるので改善するために結論を書きます。

とにかくなんでもいいから行動して成果を出すことです。

 

こうして記事を書いて公開されている頃に少しその症状は緩和しているはずです。

 

完璧を目指すことなくまずは結果を残すことが大事だからです。

 

迷走してると感じている2つの理由について

迷走するときにはパターンがあります。

結論としてはすべての問題は行動しないことが原因です。

ただし、行動できないには原因が存在しますので私の体験談に基づいていくつか紹介していきます。

抱えている問題に種類が存在してそれが競合している

これはそもそもの目的を理解しているつもりでもその目的そのものがごちゃごちゃになっている可能性があります。

もっと、抽象化された目的を具体化する必要があります。

今一度、なぜ、自分がブログにこだわるのかについて考えてみた結果

・書きたいこと表現したいことがある
・ブログで稼ぎたいという気持ちでがある

問題点はこれが矛盾していること

〇自己表現は趣味で(現在のブログ)
〇超特化型のブログで稼ぐ(新規のブログ)

競合して立ち止まっていた

「ブログをやりたい」ということに何の目的でやりたいのかについて具体化する必要があったのです。

しかし、行動していても立ち止まる瞬間というのは存在します。

実はこの問題が起きたのはインプットが原因だったのです。

どういことかというと。

  1. ブログで稼ぐためには毎日更新してまずは100記事を書こう
  2. ブログは毎日更新して100記事を書いたところで稼げない

ブログの勉強をしていくなかで2つの主張を目にして自分のブログの目的をあらためて考えなおしたのです。

どちらが正しいという問題よりもインプットをしていくなかで「どれが正しい?」という観点で立ち止まってしまいました。

この時点で少なくとも間違っているのは次のアクションとしてアウトプットをしないということです。

①の主張についてはブログに慣れていない人にとってみてはまずは記事を書くことが大事であることを主張しています。

②については日記のようなものをただひたすら書いたところで稼げないという主張でこれも事実を述べています

ちなみにどちらの主張も権威性のある方の主張です。

ここで問題なのは本質的な面として自分が行動をしていないということで成功も失敗もしていないからそもそものモチベーションが低下していることです。

インプットして納得してしまって終わってしまっています。

自分の武器が多すぎて定義そのものができない

行動経済学のお話になるのですが、選択肢が多いことで決められずに立ち止まってしまうことがあります。

選択肢が多いこが必ずしも良いとは限りません。

スーパーで、ジャムの試食コーナーを設けました。「6種類のジャムを用意した場合」と「24種類のジャムを用意した場合」、どちらが売れたのかというもの。

結果としては、「24種類のジャムを用意した場合」のほうが、より多くの集客はできました。ただし、ジャムを購入したのは、試食に来た人のうち「3%」。

いっぽう、「6種類のジャムを用意した場合」は「30%」でした。購入率は10倍です。なぜ、このような結果になったのでしょうか。

選択肢が多いと人は選べないのです。これは、『ジャムの法則』といわれています。

引用元:幸せのための豊富な選択肢が、人を不幸にする理由『僕らの時代の幸福論』Vol.8 | ライフハッカー[日本版]

選択肢が多いことは逆に自分を苦しめることになります。

武器が多すぎて目的を見失っているので少し客観視をする。せっかくの資質が暴走するとこうなるのは理解できていた。何より貴重な時間があるはずなのに時間を失う焦りで立ち止まっている。あとは武器も制限しすぎている部分があり気持ちは落ち着いているのだけれども前に進められない。まずは傍観から。

私の場合は、得意なものと好きなもの主張したいことが多すぎて結局は自分が何を選択してどうしたいのかがわからなくなってしまいました。

 

好きなものと得意なものを挙げると10数個ありそれをブログで表現しようとなるあれもこれもと優先順位すらつけられなくなってしまいます。

前に進んでいる感覚を得ることで気持ちは安定する

行動したいという気持ちがあるけれども行動できない。

なんでも良いので成果の出る行動することで前に進んでいる感覚は必要であるとキングコングの西野亮廣さんも動画で述べています。


引用元:相方の失踪、バッシング… なぜキンコン西野は極限状態でもメンタルを保てるのか? @nishinoakihiro

私自身、ブログの更新が途絶えており前に進むことの感覚を忘れていました。

今こうして、記事を書いて更新することで前へと進んでいる感覚を取り戻そうとしています。

未来にはリライトすることになりこの一文が残るかどうかわかりませんが前に進むことで状況が変わると信じて行動します。

目的と自分を棚卸しをして方向を修正する

先日、私はこんなことをつぶやきました。

感覚のお話です。

公園を歩きながらブログのコンセプトを考えていたら「セルフメンテナンス」というキーワードが思い浮かぶ。

立ち止まりリベシティのチャットをチェック「自分が最大の資本」に目が止める。

人生は辛い時が多い。

ただ、行き先を間違えてなければ時がゆっくりと痛みを和らげる。

人生の9割が辛いことで残りの僅かな時間のなかで方向性さえ見失わなければその辛さは緩和すると信じています。

つまり、モチベーションさえ維持しながら方向を修正していけば人生は必ず好転するのでそのためにも行動をする必要があります。

進んでいる感覚を維持することでモチベーションは保たれます。

立ち止まらずに行動することで成果が増えればその分だけ俯瞰して整理も可能なのでまずは行動することが大事です。

完璧を目指す必要はなくまずは成果から。

あきとよ
あきとよ
おつかれさまでした!最後まで読んでくださりありがとうございます!最後に記事を読んで「役に立ったよ!」と思ってくれた方はシェアしてもらえるとたいへん嬉しいです!あきとよ(@life_3_sikou)でした!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA